秋の田辺市・熊野

au_yasukawa.jpg 標高の高い「護摩壇山」では、10月の末頃から紅葉が始まります。温暖な田辺では常緑樹が多くなり、護摩壇山やその麓の紅葉以外では渓谷や山間の一部となります。
 そんな中、有名なのは「福定の大銀杏」。こんもりとした形の良い大銀杏は、11月末頃には美しい黄葉が見られます。
 また、秋は各地で秋祭りが行われます。県の無形民俗文化財に指定された獅子舞や舞踊が、各地の神社で行われます。

紅葉

au_gomazan.jpg護摩壇山
 戦に破れた平維盛が高野山を経て逃れてきた時に平家の命運を占うためここで護摩を焚いたとの言い伝えからこの名がついた護摩壇山。
 和歌山県で最も標高の高い一帯で、高野龍神スカイラインを通って山頂近くまで車で行くことができ、あたり一面に広がる美しい紅葉を見ることができます。

au_fukusada.jpg福定の大銀杏
 中辺路町福定にある宝泉寺という小さなお寺の境内にそびえ立つ町の天然記念物に指定された大銀杏です。
 幹周りは5.3メートル。高さ22メートルの推定樹齢400年といわれる大木で、幹から枝が林立していることから、「千本銀杏」とも呼ばれています。
 紅葉シーズン中は地元の有志が設置した電球でライトアップされ、ひときわ輝いてそびえ立つ雄大な姿を見ることができます。

秋祭

au_sisimai.jpg野中・上野の獅子舞
 毎年11月3日に催される、中辺路町野中と田辺市下川下(上野)の獅子舞は、どちらも県無形文化財に指定されています。


Page Top