発心門王子~熊野本宮大社

hossin-hongu2.gif

歩行距離:6.9km 歩行時間:2時間 所要時間:約3時間

コース概要

fushiogamikaranozomu.jpg発心門王子から熊野本宮大社までの古道は、熊野古道中辺路のクライマックス。
 熊野本宮大社の神域の入口とされる別格の「発心門王子」をスタートし、熊野本宮大社(大斎原)を一望し有難さのあまり平伏し拝んだといわれる「伏拝王子」など、本宮町内の王子社をめぐって「熊野本宮大社」へ。遠く、苦しい道程を経て大社への参拝を果たした、いにしえの参詣者の感動を体験していただけることでしょう。

詳細

hongu_ishidatami.jpg発心門王子をスタートすると、すぐに新しい休憩所とトイレがあります。水呑王子までは静かな集落のなかの舗装路を歩いていきます。
 水呑王子は廃校になった小学校の隣にあります。ここから古道らしい地道に入っていきます。15分ほどで伏拝の集落に出ます。
 伏拝の静かな集落を歩いていき、旅人の喉を潤したと思われる「菊水井戸」を過ぎるときれいに手入れされた茶畑が見えてきます。坂を登り切ると、伏拝王子の休憩所が見えてきます。
 休憩所の前の高台が「伏拝王子」です。本宮大社の旧社地「大斎原」の森が望めます。
 伏拝王子からは、爽やかな緑のトンネルのゆるやかな自然道が続き、三軒茶屋跡、関所跡を通り、さらにゆるやかな山道を下ると本宮神社手前の祓戸王子です。
祓戸王子のすぐ裏手が熊野本宮大社です。

onepoint.gif

 発心門王子から本宮大社までは緩やかな下りが多く、適度な広さがある古道と集落のなかの道を歩く、やさしくて雰囲気のあるコースです。集落も棚田や茶畑など、古くからの景観が残り気持ちの良いコースです。
 本宮大社前から発心門王子までバスを利用し、このコースだけを歩くことができます。
 または、前の「小広王子~発心門王子」のコースと合わせて歩くのがおすすめです。

sekihi.gif発心門王子~熊野本宮大社の各王子紹介

街道マップ

(中辺路)継桜王子~熊野本宮大社 その2

※下記マップの発心門王子からご覧ください。

hossin.gif
拡大画像はこちら (PDFファイル 容量 1.3MB)

>>次のコース(小雲取越・大雲取越)
>>次のコース(赤木越・大日越)

kumanotravelbanner_w580.gif

一般社団法人 田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野地方を中心に、紀伊半島南部を広域的にカバーする着地型旅行会社です。
宿泊施設・お弁当・タクシーはKUMANO TRAVELから予約できます。

宿泊施設のリスト

Page Top