kampai.jpg田辺の食

旅の大きな楽しみのひとつは、地元の食文化を体験すること。
田辺では海山の幸はもちろん、様々な郷土料理を楽しむことができます。 

田辺の食文化

田辺でランチ

田辺で夕食

田辺地方の食文化

おかいさん

okaisan.jpg「おかいさん」とは、茶粥のことを指します。江戸時代に、少ない米で少しでもお腹を満たすためにと考案されたといわれており、現在も老若男女問わず「おかいさん」は和歌山人に親しまれています。 冬はできたての温かいのをいただいて体ぽかぽかに、夏には冷たくしてさらさらとのど越しさわやかに。

めはり寿司

meharizushi.jpgめはり寿司とは、ご飯に高菜の漬物をまいて作られる寿司のこと。その昔、山仕事をする人々のお弁当にと作られたのが始まりとされています。「目を見張るほど大きい」がめはり寿司の名前の由来だという謂れがあります。

サンマ寿司

sanmazushi.jpg

サンマ寿司とは、紀伊半島近海で水揚げされる脂肪分の少ない戻りサンマを粗塩・酢でしめ、寿司飯に乗せたもの。これは平安の時代から、主に祝い事などの際に作られる、南紀を代表する郷土寿司です。

田辺でランチ

期間限定「あがら丼」

agaradon.jpg

旬の新鮮な魚介類をはじめ熊野牛や梅鶏、特産品の梅干しやなんば焼、ごぼう巻など、地元の特産品をアツアツのご飯の上に乗せて田辺らしい丼を提供しています。「あがら」とは田辺の方言で「私たち」という意味。

各店舗にて、全て違った形のあがら丼が楽しめます。
あなたのお気に入りのあがら丼を見つけてください!
あがらの食事を楽しんでって☆

あがら丼が食べられるお店はこちら>>

たなべぇサンド

GORILA_.jpg

田辺の特産品である梅を使った梅干しを塩抜きし、調味料で味付けした梅肉ソース「梅びしお」。そして梅酢加工品が入った飼料で育てた「紀州うめどり」を使用して作られるのが「たなべぇサンド」。各店舗で異なる味・風貌 をお楽しみいただけます。

色んなお店を巡って、お気に入りのたなべぇサンドを見つけてください! 

たなべぇサンドが食べられるお店はこちら>>

田辺で夕食

田辺の夜ごはん・飲み

washoku_0.jpgJR紀伊田辺駅周辺には『味光路(あじこうじ)』と呼ばれる居酒屋やスナックが200店舗以上立ち並ぶ通りがあり、地元の人々はもちろん田辺を訪れる人々の楽しみのひとつとなっています。
一人バーでひっそり飲むもよし、居酒屋でワイワイ食べながら飲むもよし、お姉ちゃんと楽しくお喋りしながら飲むもよし、帰り際シメにラーメンもよし。
味光路では、あなたのお気に入りのお店がきっと見つかるはずです。
当地自慢の海の幸もチェックしてください。かつおの刺身、サバのお造り、ウツボや赤っぽ(アカハタ)など地元の獲れたての魚を楽しんでいただけます。
その他特産の紀州梅干しを使った創作料理等、田辺の味をたっぷりとご堪能ください。

 

味光路についてはこちら>>

田辺のグルメマップはこちら>>

 

Page Top