お知らせ一覧

「熊野古道 女子部」とは・・・?

「熊野古道女子部」は、これまでにない女子目線の熊野古道ガイド『熊野古道 巡礼の旅 よみがえりの聖地へ!』(5/22発売、説話社刊)をきっかけに誕生しました。著者の髙森玲子氏の呼びかけで、この本の制作に協力してくれた首都圏の出版・マスコミ関係者を中心に、約20名の女子部員でスタート。「熊野古道を楽しく歩き、その魅力を日本と世界に発信していく」ことを目的とします。

 

5月20日の結成式と記者発表を機に、新たな部員の募集も開始しました。入部資格は18歳以上(年齢に上限はなし)で、原則的に「熊野ビジター女子」の会とします。和歌山県内および熊野エリア在住の地元女子の皆様は、「サポーター」としてぜひご協力ください。サポーター代表は、田辺市熊野ツーリズムビューローの多田稔子会長。また特別顧問には、熊野本宮大社の九鬼家隆宮司に就任いただきました。

 

熊野古道女子部への入部に関するお問い合わせ、および取材のお申し込みは、下記アドレスまでお願いいたします。

 

「熊野古道女子部」事務局(担当・髙森、露木)

kumano@office-takamori.co.jp

 「熊野古道 女子部」について

 平成29年5月20日(土)東京・市ヶ谷にて、「熊野古道女子部」の結成式が行われました。熊野古道女子部は、熊野古道を楽しく歩き、その魅力を国内外に発信してゆく女子たちの会です。5月22日(月)発売のガイドブック『熊野古道 巡礼の旅  よみがえりの聖地へ!』(髙森玲子+熊野古道女子部 編著、 説話社刊)の制作をきっかけに誕生しました。

熊野古道女子部の特設ページは、5月29日(月)にアップ予定です。女子部主催のスペシャルツアーや各種イベントなども、今後企画していきますのでお楽しみに!

熊野古道女子部に関するお問い合わせ・取材のお申し込み

kumano@office-takamori.co.jp

株式会社オフィス髙森

お問い合わせはメールのみでお願いいたします。

 長野線バスの週末2日(土・日)の増便運行について

 田辺市では、世界遺産に追加登録された熊野古道長尾坂・潮見峠越の登り口方面に向かうバス(長野線)が、これまで週3日(月・水・金)のみの運行となっていたことから、新たに週末2日(土・日)、1日往復2便(紀伊田辺駅⇔長尾口 間)の運行を実施します。

運行区間

紀伊田辺駅 ~ 長尾口 <往復運行> ※片道約9.6km

停留所

「紀伊田辺駅」「下三栖」「長尾口」 ※他のバス停では乗降できません。

<長尾坂・潮見峠越へ向かう場合>

「長尾口」で下車(登り口まで徒歩約5分)

<八上王子跡・稲葉根王子跡・熊野古道北郡越方面へ向かう場合>

「下三栖」で下車(八上王子跡まで徒歩約45分、稲葉根王子まで徒歩約85分)

運行開始

平成29年4月29日(土)から

運行日

週2日(土曜日・日曜日)

時刻表

<往路> 紀伊田辺駅 ⇒ 長尾口

           1便        2便    
  紀伊田辺駅    10時20分      12時15分   
  下三栖   10時35分     12時30分
  長尾口   10時45分   12時40分

<復路> 長尾口 ⇒ 紀伊田辺駅

           1便        2便    
 長尾口   10時50分     12時45分
 下三栖   11時00分   12時55分
 紀伊田辺駅   11時15分   13時10分

※月・水・金の運行分を含めた時刻表については、こちらをご覧ください。

運賃

紀伊田辺駅 ~ 下三栖 300円

紀伊田辺駅 ~ 長尾口 400円

下三栖 ~ 長尾口 200円

※小学生は上記の半額、未就学児は無料となります。

運行に関するお問合せ

龍神自動車株式会社 TEL:0739-22-2100

熊野古道中辺路ルート(小広~三越峠)迂回路の変更

熊野古道中辺路ルート(小広~三越峠)の迂回路(コース)が変更となっております。下記地図をご参照いただき、お気をつけてウォークをお楽しみください。

地図01

地図02


「平成のタイムカプセル」事業 募集開始
~ご親族の大切な思いを木箱に封印。二十歳で再び熊野本宮へ~

DSC04716.jpgお子様の「健やかな成長」を願うご親族の大切な思いを綴ったメッセージ。そのメッセージを熊野の木で造った木箱に収め、熊野本宮大社にてご祈祷後封印させていただきます。
お子様が三歳を迎える記念すべき年に、毎年4月の熊野本宮大社例大祭で執り行われる「湯登り神事」と同じコースを辿り体験いただき親子の絆を確認していただきます。
そして、熊野本宮大社参拝後、ご祈祷を受け封印されたその木箱「平成のタイムカプセル」をお受け取りいただき、我が子への愛情の証、宝物として17年間大切に保管していただきます。
 お子様が二十歳になる年、親御様と熊野の神々への感謝の気持ちを込めて、再び熊野本宮を訪れていただき、木箱の封印を解くことができるという事業です。

■湯登り神事って?
 毎年4月、熊野本宮大社の例大祭では、稚児の成長を祈り父親が稚児を肩車して練り歩く「湯登り神事」が営まれており、古くからの歴史があります。
 熊野の神は稚児の頭に宿るとされており、「湯登り神事」とはその稚児を湯の峰温泉で清める神事であり、湯の峰温泉から険しい大日山を越え熊野本宮大社にお参りします。移動の際は父親が肩車をし、摂社(せっしゃ)等での神事の間以外は稚児を地面に降ろしてはならないとされています。
 子どもが三歳になる年にこの神事に参加し、成し遂げることにより、改めて父親としての自信・親子の絆が生まれるのです。

行程表(ダウンロード)

申込書(ダウンロード)

予約ページ >>>

平安衣装体験、お気軽にお申し付けください

heiantaiken.jpg

「平安衣装体験」とは、女性は上流階級の女性の外出着であった壺装束を、男性は公家の普段着であった狩衣をモチーフにしたオリジナル平安衣装を着て自由に散策していただけるプラン。
田辺市観光センターで、世界遺産登録10周年記念にあたる7月7日(月)から開始します。
「蟻の熊野詣」と例えられた古に想いを馳せながら、あなたも平安衣装を着て平安時代にタイムスリップしてみませんか?

 平安衣装体験の詳細情報 >>>



田辺市熊野TB事務所  JR紀伊田辺駅へ移転

田辺市熊野ツーリズムビューローの事務所が、2013年9月28日(土)に紀伊田辺駅前にオープンした『田辺市観光センター』の2階に移転しました。

営業時間
■観光案内業務: 9:00~18:00(1F観光センター)
■通常業務: 9:00~17:15(2F事務所)

なお、電話番号・FAX番号はそのままで、住所は以下に変更となります。

〒646-0031
和歌山県田辺市湊727-2
田辺観光センター2階
TEL: 0739-26-9025
FAX: 0739-26-5820

何卒よろしくお願いいたします。

観光センター  JR紀伊田辺駅にオープン

田辺市や周辺の観光案内を主とする『田辺市観光センター』が紀伊田辺駅前に新しくオープンしました。
1Fのインフォメーションセンターでは、観光パンフレットや地図等を配布しています。また、スタッフが常駐しておりますので、お気軽にお声かけください。
皆さまのお越しをお待ちしています!
Gaikan.jpg

田辺市熊野ツーリズムビューロー

〒646-0031
和歌山県田辺市湊727-2
田辺市観光センター2階

TEL: 0739-26-9025
FAX: 0739-26-5820
Email: mail_k.gif

営業時間: 9:00 - 17:00 (土日・祝祭日・年末年始を除く)
 


Page Top