春の田辺市・熊野

 当地に春を告げるのは、田辺市内の各地で見られる梅の花。2月上旬から咲き始め、3月上旬まで楽しめます。
 4月になると桜。各地で桜が咲きますが、田辺市街地に近い「動鳴気渓」や、本宮大社を見下ろす「七越峰」では桜まつりが行われ、多くの花見客で賑わいます。
 また、山々や渓谷では鮮やかな新緑が楽しめます。
 本宮では、「熊野本宮大社例大祭」が4月15日に行われます。

sp_bairin.jpg紀州田辺梅林
 旧田辺市の山間部にある「紀州田辺梅林(石神梅林)」は、梅の産地・田辺市唯一の観光梅林です。標高の高い山地にある梅林で景色も良く、特に標高400メートルの「大蛇峰展望台」からは、水平線を遠景にすり鉢状に白く広がる梅畑を眺めることができます。
 開花シーズンには山も峠も梅の花で真っ白になり、その香りがあたり一面にたちこめます。

sp_doumekisakura.jpg動鳴気渓
 田辺市街地に近い「動鳴気渓」では岩口池のまわりに桜が咲き誇ります。4月上旬には「桜まつり」が行われ、多くの花見客で賑わいます。

新緑

百間山渓谷若葉まつり
 百間山渓谷キャンプ場では、4月29日に「百間山渓谷若葉まつり」が開催されます。
 アマゴつかみどりなどさまざまなイベントが開催されます。

hongufestival.jpg熊野本宮大社例大祭
 毎年4月15日に開催される熊野本宮大社の例大祭。「本殿祭」、神様を乗せた神輿などの行列が大斎原にお渡しする「御渡祭」、修験者による護摩焚き「採灯大護摩」などが行われます。
 例大祭は、前々日(13日)の「湯登(ゆのぼり)神事」(県指定無形文化財)から始まります。神職・修験者・父親らに肩車された稚児・付き人などが列をなして、湯の峰温泉から大日山を越える神事です。
 前日(14日)には、祓戸王子や船玉神社などで神事が行われます。


Page Top