夏の田辺市・熊野

 多雨地帯の紀伊山地では、夏が近づくと当然梅雨に入ります。木々を潤し、山々に蓄えられた雨は清流を育て、山間部ではホタルが飛び交います。
 7月には田辺扇ヶ浜海水浴場が海びらきを迎え、やがて梅雨明けを迎えて暑い夏がやってきます。
 梅雨明けの田辺を彩るのは、「田辺祭」。毎年7月24日・25日に行われる田辺祭は、田辺市街地の「闘鶏神社」の例大祭。城下町の各町から「お笠」と呼ばれる山車が市街地を練り歩き、特に24日夜に旧会津橋にお笠が並ぶ「曳き揃え」は、台湾SONYの広告にも使われた美しい伝統行事です。
 8月には中辺路の清姫まつり、本宮の八咫の火祭も行われます。
 また、山間部の清流沿いに多いキャンプ場も多くのキャンパーで賑わいます。

ホタル

su_hotal.jpgホタル鑑賞
【田辺市(長野地区、伏菟野地区)】
 長野ではゲンジボタルの飼育放流に取り組んでおり、左会津川沿いの遊歩道からが絶景ポイントです。
【大塔(小川地区)】
 「ホタルの里」にはヘイケボタルとゲンジボタルが集まります。小さな川沿いにたくさんのホタルが飛び交います。
【本宮】
 本宮町内川湯温泉付近や熊野本宮大社前を流れる音無川上流、四村川沿いや三越川沿いなどからよく見えます。
【龍神】
 6月~7月にかけて龍神村の各所でホタルの乱舞を見ることができます。

海水浴

summer.jpg田辺扇ヶ浜海水浴場
 砂浜の形が扇形をしている事から扇ヶ浜と呼ばれた浜に、平成17年夏にオープンした海水浴場です。
 ビーチハウスにはトイレ、更衣室、無料シャワーのほか、コインロッカーも完備!
 すぐ隣に400台収容の市営駐車場もあり、紀伊田辺駅から徒歩約10分という好立地に所在します。夏季には海の家が営業し、数々のイベントも催されています。
 田辺探訪>田辺扇ヶ浜海水浴場

su_tanabematuri.jpg田辺祭
 400年余の歴史を持つ田辺祭は、毎年7月24日・25日に行われる闘けい神社の例祭で、街をあげての大賑わいとなります。
 旧城下の各商人町から8基の「おかさ」と言われる、京都の祇園祭のような笠鉾が町中を練り歩く、田辺を代表する紀南地方最大の祭礼です。2日間にわたって繰り広げられる祭は見どころがいっぱい。
 田辺観光協会>田辺祭

清姫祭
 熊野古道中辺路で今も悲恋の物語として語り継がれる安珍・清姫物語を再現するこの祭は、毎年7月の第4土曜・日曜に真砂の河原にて行われています。
 和太鼓の演奏や創作舞踏などのイベントで盛り上がり、大蛇の姿に化身した清姫が炎を吹上げながら川を昇るシーンの後に続くフィナーレは正に見ものです。

八咫の火祭り (やたのひまつり)
 熊野本宮大社前を出発した炎の神輿と時代行列が、大鳥居のむこうにある本宮大社旧社地・大斎原に向かいます。
 奥熊野太鼓演奏の後、炎の御輿を囲んで熊野八咫踊り、そして最後に八咫花火が熊野川河原で打ち上げられ、、毎年大盛況を呼んでいます。


Page Top