Kumano_Kodo_unkai.jpg

世界遺産 熊野古道

熊野古道概要

熊野古道 中辺路・小辺路・大辺路

熊野古道ウォーク

熊野古道音声ガイド 

熊野古道概要

map_sankei.gif古代から中世にかけ、本宮・新宮・那智の熊野三山の信仰が高まり、上皇・女院や庶民にいたるまで、旅人の切れ目がなく行列ができた様子から「蟻の熊野詣」と例えられるほど多くの人々が熊野に参詣しました。

熊野古道にはいくつかのルートがあります。そのうち多くの旅人があるいたのは、京都から大阪・和歌山を経て田辺に至る紀伊路、そして田辺から山中に分け入り熊野本宮に向かう「中辺路(なかへち)です。中辺路は後鳥羽院・藤原定家・和泉式部も歩いたとされています。

 そのほか、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう「大辺路(おおへち)」、高野山から熊野へ向かう「小辺路(こへち)」、伊勢と熊野を結ぶ「伊勢路」、吉野・大峯と熊野本宮をつなぐ山岳修験道「大峯奥駈道」など、いくつかのルートがあります。
 田辺は中辺路と大辺路の分岐点にあたり、また中辺路ルートの大部分が田辺市にあります。

田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(おおへち)、高野山から熊野へ向かう小辺路(こへち)が、「熊野参詣道」として世界遺産に登録されています。

関連ページ

熊野古道 中辺路・小辺路・大辺路

熊野古道 中辺路

京都あるいは西日本から熊野三山へ参詣する道筋のうち最も頻繁に使われた経路。紀伊田辺から東に転じ山中に分け入り熊野三山を巡る道である。
 熊野本宮大社と熊野速玉大社の間は熊野川の船運を利用することが多いが、その他の大部分の行程は険しい山道である。この道は、熊野神の御子神を祀った「王子」もしくはその遺跡が点在するのが特徴である。
中辺路ウォークコースページ

hyakkengura_2.jpg
百間ぐら

takahara.jpg
高原霧の里

nonaka-no-ipposugi.jpg
継桜王子

toganoki.jpg
野中

hosshinmon-oji.jpg
熊野古道

熊野古道 小辺路

Kohechi2_2.jpg紀伊半島中央部を南北に縦断し、熊野三山と高野山の両霊場を最短距離で結ぶ経路である。
途中には伯母子山をはじめとする標高1,000m以上の峠を三度も越える必要があり、熊野参詣道の中でも最も険しい道である。

 

熊野古道 大辺路

ohechi_2.jpg紀伊田辺から海岸線に沿いに進み、熊野三山に至る道である。
 中辺路に比べ距離が長く、奥駈をする修験者や西国巡礼を三十三回行う「三十三度行者」と呼ばれる専門の宗教者が辿る道であった。ただし、江戸時代からは、信仰と観光を兼ねた人々の利用が知られる。
 本来の姿が良好に保たれている範囲は限られるが、海と山の織りなす美しい景観に恵まれた道である。

熊野古道ウォーク

熊野古道の各セクションについての詳細は、熊野古道ウォークのページへ。

主に中辺路ルートの細かい古道マップや、携帯電話の通話可能ポイントマップ、モデルコース、語り部の手配、古道を走るバスなどについて詳しくご紹介しております。

熊野古道ウォーク>>

kumano-kodo-rnd_1.jpg

tsugizakura-oji-round_0.jpg

kumano-river-view-round_0.jpg

Hongu-taisha-rnd_0.jpg

古道ナビ英語音声ガイドダウンロード

kodonavi_0.jpg熊野の文化・歴史・宗教についての英語の音声ガイドを無料ダウンロードできます。外国人の方に分かりやすく、楽しい説明になっていますので是非ご利用下さい。

詳細は当ツーリズムビューロー英語サイトへ>>


Page Top