熊野九十九王子(潮見峠越え)

三栖王子~潮見峠越え

shiomitouge.jpg 平安時代から鎌倉時代にかけての熊野参詣道は、上皇や貴族を中心に三栖王子社から上富田町岡の八上王子社に至る岡越えの道を通っていました。
 しかし、この川沿いの道は遠回りになるため、南北朝時代(14世紀)頃より、一般庶民は、まっすぐに長尾坂から潮見峠を越えて滝尻王子へ、そして遥か熊野三山を目指しました。
 室町時代から明治に至るまで熊野参りや西国巡礼の人々でにぎわい、一時はこの長尾坂を通る「潮見峠越え」がメインコースになりました。
 比較的近世になってから利用され始めたため王子社はありませんが、一里塚跡や関所跡が残されています。

 長尾坂を登り切ったところの「水呑峠」には茶屋跡があり、今も豊富な水が湧き出しています。茶屋跡のかたわらには「昼寝権現」の小さな社があります。旅人が景色をながめながら休息するうちに寝てしまったというようなことから、この名がついたとされています。

nejikinosugi.jpg 水呑峠から少し進んだ「捻木峠」には、高さ約20m、周囲約6mの杉の大木があり「捻木の杉」と呼ばれています。
 近世の熊野参詣者はこの木を道中の目印にしたといわれており、よくこの木の下で休息したようです。根元には修験道の開祖、役(えん)の行者の石像があります。
 また、捻木の杉には安珍清姫の伝説があり、槙山の中腹に差し掛かった清姫は、かたわらの杉に登りはるか前方に逃げる安珍の姿を見つけ、口惜しさのあまり杉の枝を捻じ曲げてしまい、枝はそのままねじれて育ち大木になったということです。
現在は田辺市指定天然記念物。


walkm.gif潮見峠越えのウォークガイド


Page Top